Tシャツの品質について ~Tシャツ雑学~


OZ(オンス)とは?

当サイトでもよく見かけるoz(オンス)という単語。
これは簡単に言うと、Tシャツの生地の厚さを意味します。

1oz(オンス)は

1ヤード(=0.914m)四方の生地の重さが約28.35グラムを意味します。
従い、5oz(オンス)のTシャツとは、1ヤード四方の生地の重さが141.75グラムの生地となります。

オンスの説明図


3~4oz(オンス)

薄手と言われる生地の厚さです。価格が安い傾向にありますが、良質な糸を用いた着心地の良い薄手生地のTシャツもあり、必ずしもオンスが低いと品質が悪いとは限りません。また、真夏には涼しい着心地ですが、白色の生地の場合は透ける可能性が多いにあります。

4.5~5.5oz(オンス)

スタンダードと言われる生地の厚さです。
他のTシャツサイトでは、5.3oz(オンス)以上でヘビーウェイトに位置付けられている場合もあります。様々な利用シーンに応える使い勝手の良い、型崩れの少ないしっかりとした着心地の生地感です。

6~7oz(オンス)

ヘビーウェイトと言われる生地の厚さです。
特に6oz(オンス)以上は、Tシャツとしては最も厚いクラスと見られる傾向にあります。耐久性があり、しっかりとした着心地です。真夏には少し暑く感じるかもしれません。また、長袖Tシャツなどにも使用されます。

8~13oz(オンス)

スウェットやパーカー生地に用いられるoz(オンス)です。



生地に使われる糸について

番手とは?

糸には“番手(ばんて)”といわれる指標があり、1ポンドあたりの綿の繊維の長さで決まります。
数値が大きければ大きいほど、糸が細くて軽量という意味になります。
番手には大きく分けて「太番手」「中番手」「細番手」という3種類があります。

太番手:20~27mm
中番手:26~28mm
細番手:28~33mm

太番手の糸を用いるほどより分厚い生地のしっかりとしたTシャツが製造され、細番手の糸を生地に用いると軽くて風通しが良いTシャツが製造されることになります。




綿糸の種類

綿糸には大きく分けて3種類があり、それぞれ「カード糸」、「コーマ糸」、「セミコーマ糸」と呼ばれます。


カード糸

カード糸とは

カード工程(不純物を約5%取り除く工程)を行った綿花を使用した糸が「カード糸」です。一般的に使用される最も基本的な糸。Tシャツに最も使われています。比較的太めの糸で、中番手もしくは太番手の糸となるのが特徴です。シャリ感(サラッとして硬め)や涼感のあるラフな味わいが楽しめます。また、1本の糸をそのまま編む「単糸(たんし)」で使われることが多いです。


セミコーマ糸

セミコーマ糸とは

カード工程後に、コーマ通し(コーミング)で約10%の不良部分を取り除いた綿花を使用した糸がセミコーマ糸です。カード糸とコーマ糸の中間ランクである「セミコーマ糸」というグレードは、日本と中国にしかない概念で、他の国には存在しません。カード糸よりも柔らかく、且つ、コーマ糸の光沢、耐久性も兼ね備えた仕上がりです。また、コーミング工程で削る繊維の量を調整することで“カード糸に近いセミコーマ糸”、“コーマ糸に近いカード糸”というような微妙な調整も可能となります。このセミコーマ糸という概念により、着心地が良く安価なTシャツが日本や中国では作れると言えます。


コーマ糸

コーマ糸とは

カード工程後に、コーマ通し(コーミング)で約20%の不良部分を取り除き、良質な部分の綿花だけを使用した糸がコーマ糸です。カード糸と比べると製造工程も多く、削ぎ落とす繊維の量が多いため、同じ量の綿花を使ってもカード糸と比べるとコーマ糸の方が出来上がる糸の量が2~3割ほど少なくなります。その結果、光沢があり、毛羽立ちが少ない、肌触りの良い高品質な製品に仕上がります。従い、洗濯をしても生地表面に毛羽が出にくく、生地表面の美しさが長持ちします。