プリントについて



弊社では、インクジェットプリント方式にてプリントしています。その理由は、

お客様にとって煩わしい見積もりを無くしたかったから。

3色だといくら?版代が必要?デザインの大きさはA3サイズくらい?などなど。。。

これら条件を業者に伝えて価格を見積もる作業は、時には面倒くさい作業です。

そこで当サイトでは、何色使おうが、どの様なサイズであろうが値段が変わることなく、各商品の表示価格にて提供させて頂いています。

(ボリュームディスカウントなどの割引は自動で算出されます。カートに入れた際の価格が全て自動で計算された結果となります)。


インクジェットプリントとは?

インクジェットプリントとは、簡単に言えば紙へのプリントのTシャツ版です。Tシャツを専用プリンターにセットして印刷を実施します。

インクジェットのメリット
・印刷やグラデーションカラーなどの細かいデザイン表現が可能です。
・ジップパーカーのジップ部分を跨いでの印刷などが可能です。
・版代が掛かりません。1枚からの注文が可能です。

インクジェットのデメリット
・金、銀、蛍光色などの表現ができません。
・デメリットではなく、他のプリント方法との”違い”になりますが、サッカーのユニフォームの背番号の様な、カッティングシールを張り付けた仕上がりにはなりませんので、その点はご了承ください。

例)この様な仕上がりにはなりません。これらは、カッティングシールを熱で圧着して貼り付けている方法です。


インクの強度について

弊社でプリントされた印刷物は、長期間にわたる使用、洗濯後も鮮やかできれいな状態を保ち続ける事が可能なインクを使用してプリントを行っています(国際規格AATCC洗濯堅牢度試験4級取得)。


インクジェットプリント方式による仕上がり具合

プリント後の仕上がりは、白色やクリーム色などのTシャツへのプリントと、青や黒などのより濃色生地のTシャツへのプリントで異なります。

<白色Tシャツの場合>
生地にインクが馴染む風合いが特徴となります。
例えば、デザインツールで以下のデザインをしてプリントした場合をプリント例として掲載。
(図をクリックすると、デザインツール画面に移動します)

~プリント例その1~

白色Tシャツにデザイン

オリジナルTシャツのインクジェットプリント例

オリジナルTシャツのインクジェットプリント例の拡大その1

Tシャツの繊維にインクが染みこんでいる風合いを感じとっていただけますでしょうか。↑↓

オリジナルTシャツのインクジェットプリント例の拡大その2


~プリント例その2~

当サイトにて販売しているトートバッグのプリントもインクが生地に馴染む風合いとなります。
尚、白色部分はプリントされず、トートバッグの生地の色にて再現する形となっています。
(以下の写真をクリックすると、デザインツール画面に移動します)

トートバックへのプリント例

ビンのデザインの白色部分はプリントされていません。

オリジナルトートバックへのプリント例その1

トートバックのキャンバス生地にインクが馴染む風合いのプリントになります。↑↓

オリジナルトートバックへのプリント部分を拡大


<淡色・濃色Tシャツの場合>

インクがTシャツ生地の色に影響を受けない様にする為、一度下地に白インクをひき、その上にプリントする形となります(以下の画像をクリックすると、当デザインのツール画面に移動します)。

~プリント例その1~

濃色Tシャツへのインクジェットプリントデザイン

下地に白インクを塗りその上に印刷している為、生地にインクが乗っている風合いの仕上がりです。↑↓

~プリント例その2~

濃色Tシャツ向けプリント例その2


~プリント例その3~

デザインツールで以下をデザイン。右は実際にプリントしたTシャツ。



少しはプリント後の仕上がりイメージを掴んで頂けましたでしょうか?

不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡頂ければと存じます。